닫힘버튼

文化&観光

伽倻山伝説

  • 홈 아이콘
  • 文化&観光
  • 主要観光地
  • 伽倻山
  • 伽倻山伝説
  • 글자크게
  • 글자작게
  • 인쇄
  • 성주군 페이스북바로가기
  • 성주군 트위터바로가기

伽倻山

伽倻山の伝説
伽揶国首露王はインドのアユタ国の王女許黃玉と結婚して10人の王子をもったが長男居登は王位を受け継いで二番目·三番目はお母さん姓で許氏の始祖になったが,残りの7王子は伽揶山に入って 3年間修道したが,これらに仏法を教えた師匠は王后の兄、長襦和尙(寶玉禪師)だった.

王后が息子たちに会いたくてよく伽揶山を尋ねると長襦和尙は勉強に邪魔になると王子たちを連れて智異山に入って行った.その後王后はまた智異山に尋ねて息子に会いたいと懇請したら長襦和尙は "あなたの息子たちが既に成仏したのではやく会ってみなさい" といった.この時、月の明りが静かな池の中から黄金の袈裟を着た七人の息子が空中に上がる姿がくっきり現われた.これが息子との最後の出会いだった.

その後、金首露王はとても喜んで息子たちが勉強した所に大伽藍を立て、ここが河東郡ファゲ面の智異山般若峰に位置した七仏寺である.