닫힘버튼

文化&観光

星州星山洞古墳群

  • 홈 아이콘
  • 文化&観光
  • 国家指定文化財
  • 星州星山洞古墳群
  • 글자크게
  • 글자작게
  • 인쇄
  • 성주군 페이스북바로가기
  • 성주군 트위터바로가기

星州星山洞古墳群

星州星山洞古墳群
  • 指定別 国家指定史蹟第86号
  • 位置 星州邑星山里山61番地一円
  • 規模 129基
  • 材料 伽耶時代
  • 指定日 1963年1月21日
地図

この建物は、正面7間・側面7間の切り妻屋根(人字型)の家で、朝鮮王朝 明宗6年(1551)の時耶渓宗希奎先生が建立したもので、当時権力を振るった尹元衝の横暴を劾してからむしろ逆賊に問われ、全羅道高山に流罪に処され、そこで5年間の流罪弾の暮らしをして故郷に帰って、里名を高山里と改名して呼び百世閣を建立した。

この建物は、鉄の釘を全然使わず穴を空かして萩で結び、かんなを掛けず手斧だけで削り整え作った建築とゆうてんが独特です。

又この建物は全民族の3・1運動とも関連が深い建物である

  • 隣近の観光地 : 城外の森,星州郷校,東方寺址
  • 観光コ-ス : 星州バス停留所→星山里方向(乗用車で5分所要)